ももふくクリニック

お薬について

お薬について

精神疾患患者さんへのお薬の処方は、とても慎重にと考えています。
急性期症状には、お薬がよく効く場合がありますが、慢性期には薬ではなく生活支援や生活環境調整のほうが重要な場合も多くあります。
また、現代社会に生きる私たちは、誰しも少なからず不安や不眠を抱えています。お薬が必要なケースと、お薬ではないアプローチが必要なケースがあり、個々の状況や症状に応じて、一緒に考えていけたらと思っています。

 

とはいえ、精神科領域でよく使うお薬について、作用、特徴、副作用、注意することなどについて、簡単にまとめていますので、参考にしていただけたらと思います。

 

すみませんが、詳細は現在作成中です。

トップへ戻る