梅雨に入りましたね

気持ちの良かったお天気からとうとう梅雨に入りましたね。皆様いかがおすごしですか?

開院して1か月たちました。あれもこれもと思いながらできていないことのほうが多くあっという間の1か月でした。外は雨でも快適に診察を受けてもらえるよう少しずつ診察室や待合などを工夫しているところです。

そんな梅雨の季節ですが、往診の時に車を走らせていると朝顔が元気に咲いているところに何度か遭遇しました。たくさんの雨を浴びて朝顔は嬉しそうでした。次回はそんな朝顔の様子をとらえてご報告したいと思います。

雨上がりの「新緑」が好きです

土曜日に降った雨は、日曜日の朝方には上がり、太陽が差し込み始めると、雨に洗われたみどりが、ひときわきれいですね。

特にこの季節のみどりは、新緑の淡いみどりから、力強さをまといはじめ、浮ついた自分に芯を通されるような感覚を覚えます。

そんな新緑を下から覗くと、葉と葉の重なりに、みどりの無限のグラデーションが広がり、凛々しさと透明感のハーモニーに魅了されます。

花と空に癒されてます

新型コロナウイルスによる外出・営業自粛要請が続いており、気持ちが塞ぎ込みがちになりますが、いかがお過ごしでしょうか。

日本中、いや世界中で経済活動がストップしているせいか、このところの空の青さは、格別の印象を持ちます。

この時期になると、ツツジが本当に綺麗で、自然と心が華やいできます。

ツツジの花言葉は、「慎み」「節度」だそうで、今の私たちを物語っているかのような咲きっぷりです。

ちなみに、赤いツツジの花は、「恋のよろこび」だとか。。。